つむぎ

教育・心理・福祉相談、カウンセリングルーム

つむぎ

教育・心理・福祉相談、カウンセリングルーム

①教育機関の方へ

児童、生徒、保護者の事、療育、教育、発達に関する事、スクールカウンセリング (SC)、スクールソーシャルワーク(SSW)などの実施
 
■対象 私立の幼稚園、保育園、小中高、特別支援学校、大学のスクールカウンセリング
 
■相談方法 直接面談、訪問、オンライン(ZOOM)
 
完全予約制
 

①スクールカウンセリングを実施します。

次のような活動をします。

1.アセスメント:心理学的視点による子どもや集団の状態の理解、心理検査、行動観察

2.カウンセリング:児童・生徒、家族の個別の心理相談やグループ・カウンセリング(ソーシャルスキル教育、構成的グループエンカウンター、ストレスマネジメントなどの集団での心理教育プログラム)

3.コンサルテーション:子どもの理解やかかわり方に関する教職員との相談

4.コーディネーション:ケース会議、学校内外の関係者で支援体制をつくるための調整や支援

5.ケースマネジメント:支援計画の立案・実践・効果検証

6.児童・生徒、保護者、教職員への研修:子どもの問題理解やカウンセリング能力向上を目的とした校内研修

7.リファー:関係機関等の紹介

 
スクールカウンセラー(SC)は、心の専門家として主に児童・生徒の心の問題を解決します。
三重県教育委員会のSC有資格条件は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定に係る臨床心理士、・公認心理師、・精神科医、・児童生徒の臨床心理に関して高度に専門的な知識及び経験を有し、学校教育法第1条に規定する大学の学長、副学長、教授、准教授又は講師(常時勤務をする者に限る)の職にある者又はあった者となってます。
 

②スクールソーシャルワークを実施します。

次のような活動をします。
 
1.問題を抱える児童生徒が置かれた環境への働き掛け
2.関係機関等とのネットワークの構築、連携・調整
3.学校内におけるチーム体制の構築、支援
4.保護者、教職員等に対する支援・相談・情報提供
5.教職員等への研修活動 等
 
スクールソーシャルワーカー(SSW)は、社会福祉士や精神保健福祉士等の資格者、教育と福祉の両面に関して専門的な知識・技術を有する人、過去に教育や福祉の分野において活動経験の実績等がある人です。スクールソーシャルワーカーは、問題を抱える児童・生徒を取り巻く環境へ働きかけたり、関係機関等との連携・調整を行います。

教育機関・福祉事業所・企業の方向けページ 法人団体支援ルーム つむぎ 

児童、生徒、保護者の事、療育、教育、
発達に関する事、カウンセリングなど

利用者のアセスメント・支援方法、支援者の指導方法、
スーパービジョン、福祉経営コンサルティング、
カウンセリングなど

従業員のストレスチェック、産業メンタルヘルス、
カウンセリング、復職支援など

研修会、講座、ワークショップ、事例検討会、教育・心理・福祉・就労等の調査研究